矯正治療 | ノブデンタルクリニック

.

裏側矯正とは

金属や透明な器具が見えて目立ってしまうとなかなか矯正治療を行うことをためらってしまう患者様は多くいらっしゃると思います。そんな患者様にオススメしたいのは裏側矯正(舌側矯正)です。
裏側矯正は正面からはほとんど見えず、矯正に気づかれにくく、治療に専念することができます。歯の表側に矯正器具をつける唇側矯正はどこかに顔をぶつけてしまったりするスポーツなどでは口の中に怪我を負ってしまったりする可能性があります。そのため、裏側矯正を選択することで日常生活に支障を最小限にすることができます。

リンガル

矯正治療に必要なブラケットとワイヤーを歯の裏側につけ、装置が全く人目に触れないように治療する方法です。
この方法を「リンガル矯正」または「舌側矯正」と言い、表側からの矯正治療とは異なった知識と技術を必要とします。
上下歯列とも舌側から矯正治療をおこなうフルリンガルと、目立ちやすい上の歯列のみ舌側からおこない、下歯列は表側からおこなうハーフリンガルがあります。

インビザラインとは

インビザラインとは透明なマウスピースを作成して患者様が自分で装着しながら歯を移動させていく歯列矯正方法です。マウスピースは透明なのでとても見えにくく、見た目が気になる方にもおすすめできます。
まず歯列矯正専門の歯科医師が患者様の歯型をとってそれを専門の装置でスキャンし、コンピューターグラフィックで三次元的に歯並びを解析していきます。その診断に基づいて患者様の矯正治療に最適のマウスピースを治療段階にいくつも作成し、それを利用して矯正していきます。
インビザライン・システムWEBページ
http://www.invisalign.co.jp/

インビザラインとは

従来の手作業で行っている歯列矯正装置とは異なり、診断やマウスピース作成などをデジタル処理で一括して行う最新の治療方法です。
インビザラインの特徴はワイヤーで固定するようなことはせず、コンピューター解析によって分析されたデータによって治療段階によって必要なマウスピースを数十個一括して作成します。なので通院回数や、治療時間が短縮されます。それに歯科医師と患者様が同時におおよその歯の治療段階を知ることができるのです。見栄えの悪かった従来の矯正とは異なりつけていることがわかりにくいようになっております。