入れ歯・義歯治療 | ノブデンタルクリニック

.

義歯治療

違和感のなく、なじむ義歯

義歯(入れ歯)は歯を失ってしまった方が、噛む機能・話す機能などを回復するための人口歯。装着時の違和感や痛みができる限り現れないよう、自然な噛み合わせや体質などにも十分配慮し、個々にご相談を重ねながら慎重にお作りしています。また使用する素材によって義歯の特性は大きく変化するため、治療初回にさまざまな選択肢をご提示します。

  • ブリッジ
    失った歯の両隣の歯を削って支台歯(土台)とし、ブリッジ(橋)のように人口歯を架け渡す治療法。本来の歯の機能を再現し、見た目も天然歯に近づけることが可能です。ただし支台歯に大きな負担がかかるため、それを避ける場合にはインプラントや部分入れ歯を選択します。
  • 部分入れ歯
    設計次第で歯の欠損が1本から多数の場合まで対応できる義歯です。残っている歯に金属その他の素材でできたバネ(クラスプ)を引っ掛けて固定する仕組みのため、取り外しが簡単。一方隙間に食べかすや汚れなどがたまりやすく、清潔にお使いいただくためには日常的なお手入れが必要です。
  • 総入れ歯
    ご自身の歯を全て失ってしまった場合には、総入れ歯を使用することになります。総入れ歯の「義歯床」と呼ばれる部分の素材には歯科用樹脂・金属・シリコンをはじめとする多くの種類があり、それぞれ強度、フィット感、手入れのしやすさなどが異なります。